女性のための情報商材の提供

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リノール酸低減式花粉症対策

alltitle.jpg

花粉症の人の体には、「かゆみの元となる物質」が溜まっています。

これを減らせば、花粉に反応しない体になります。

マスト細胞に溜まっているその物質は、
1ヶ月あれば、十分に減らせます。

その方法をこのマニュアルにまとめました。

bookimage4.jpg

対症療法にはもうウンザリ…

今、お医者さんに行っても薬を渡されるだけ。

いろいろな医者に診てもらったけどダメだった。

もう、限界…

医者はもういい!薬もらっても治らん!

こうなったら、
自分の手で根本治療法を探し出してやる!

と、私は固く決意しました。

それから2年に渡る調査の末、
ようやく100%に近い改善率を誇る治療法にたどり着き、

自分や周りの人の花粉症の完治に成功!

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、目やに・・・

これら全ての症状が、薬なしで一切でなくなったのです。

そして、
多くの人が目の前で次から次へと治っていくのを見て私は思いました。

  「この治療法は本当にすごいな…」

  「なぜこの治療法が広まっていないんだろう?」

  「今まで受けた治療は一体何だったんだ…」 と。

多くの人が実際に治った
根本療法があります。


今ここで、
それを公開します。

花粉症の苦しみから逃れ、完全に解放されたいとお考えのあなたへ…

私には、花粉症に苦しめられてきた過去があります…

しかし現在は、花粉症を完治することに成功し、
その経験や知識を、多くの花粉症の方々にお伝えする活動をしています。

完治に成功したのは私だけではなく、重度の花粉症だった私の母も同様です。

かつて、私の母の花粉症は2月になると、とにかくひどい状態で、
毎日、朝から晩まで目は真っ赤。

数分ごとに目薬をさし、数時間ごとに強い薬を飲んでいました。

夜にはぐっすり眠る事ができず、寝起きには喉がはれ、
朝は再び目が真っ赤にはれあがる…。

日中は鼻水、鼻づまりで家事が手につかない…。

そんな辛い生活を彼女は25年間続けていました。
私はそんな母を、痛ましく見ていたものです。

「何とかしてあげたい」と思っても、
実際は何もしてあげられずにいました…。

完治する方法を知らなかった当時の私には、何もしてあげられなかったのです。

そして一方の私自身も、ひどい花粉症に悩まされていました。
自分の症状を抑えるだけで精一杯でした…。

花粉症については、私も母も、いろいろな花粉症対策を試していましたが、
どれもその場しのぎにしかならず、状況は改善されませんでした。

今思えばあの当時の私は、
「このままずっと花粉症と付き合っていくしかないだろうな…」
と完全に諦めていたのです。

このまま一生、

苦しみ続けるしかないのか…


ある日、買い物から帰ってきた母親の目が、ものすごく真っ赤に腫れあがり、
今までに見たこともないほどひどい症状が出ていました。

目を“ぐりんぐりんと”かきむしる母…。
やがて目に傷ができ、ますます赤くなっていく母の目…。

それでも母は目をかくのをやめません。

20分ほどして、うっすらと膜の様なものが張っきてしまいました。

「ヤバい…。このままでは母の目は、どうにかなってしまう…」
と私は強い不安を覚えました。

「失明してしまうかも知れない…」
とさえ、本気で思いました。

たまらず私は言いました。
「やめてくれ!かあさん!それ以上かき続けると失明しちゃうよ!!」

私はなんとか、かくのをやめてもらおうと説得し続けました。

それでも一向に目をかくのをやめない母。

そしてついに私は言ってしまいました。

「いいかげんにしろ!!!」

私はついに、自分の母親をどなりつけてしまいました。

泣きそうな顔になる母。

そして再び目をかきむしりながら、私のそばから離れて行きました…。

・・・

私は、ふと我に返り、自分がしたことを後悔しはじめました。

ただでさえ花粉症のかゆみと痛みで、もがき苦しんでいた母。
そんな母に対して、私はなんてひどいことを言ってしまったんだろう。

本当なら、やさしい言葉をかけてあげなきゃいけなかったはず。
少しでも力になってあげなきゃいけなかったはず。

それなのに私は、こともあろうに、罵声をあびせ、傷つけてしまったのです。

私は、花粉症がいかに辛くて悲しいものなのか、それなりに理解していた
つもりでした。
なぜなら私自身も花粉症で苦しんでいたからです。

母は、25年以上も花粉症に苦しめられてきました。
シーズン中には、毎日欠かさず薬を飲み、目薬をさし、マスクをしていました。

いつもティッシュをそばに置き、かゆい目をこすっては、
辛そうにしている姿が、今も目に浮かびます。

いつも目がしみて、痛みに耐えていた私の母。

私はそんな母に罵声をあびせてしまったのです。
私はすぐさま、自分の愚かさに気がつきました。

「何やってるんだ俺は…」

そして私は次のように考えました。

今までの私は、花粉症に苦しむ母に対して、
一体何をしてあげられただろうか?

苦しんでいる母をよそに、何もしてこなかったのではないか?

そもそも私は、

花粉症を “完治” することに、
どれほどの力を注いできただろうか?


“完治”しようと全力で努力してきただろうか?

そう自分に問いかけてみました。

なさけないことに、
私は「その場しのぎ」の対策に終始するばかりでした。
対症療法しかやってこなかったのです。

そして、
「花粉症は完治しないもの」 と思い込んでいる自分に気がついたのです。

完治できるとも思っておらず、
完治する努力もしてきませんでした。

最初から完治をあきらめていた自分

に気がつきました。


これに気づいた私は、
その日を境に、“花粉症を完治したい” と思うようになりました。

もうこれ以上、母を傷つけたくない。
もうこれ以上、母が苦しむ姿を見たくない。

そして私自身、
もう二度と、あの辛い目のかゆみ、鼻のかゆみ、花粉症の苦しみを
味わいたくない!

と、心の底から思ったのです。

ついに私は決心しました。

「母の花粉症を完治させてあげよう」
「そして自分自身も花粉症を完全に克服しよう!」

と。
絶対に花粉症を完治する、と強く誓ったのです。

マスクでは花粉症は治りません。

薬は一時的に症状を抑えるだけです。

私の場合、ヨーグルトを食べ続けても、まったく治りませんでした。

甜茶もまったく効きませんでした。

アロマセラピーで、
ありとあらゆる香りをかぎまくりましたが、全然効きませんでした。

漢方薬もイマイチでした。
効いてるんだか、そうじゃないのか分からない。
せいぜいその程度でした。

100%の人が完治した

実績のある方法は

この世に一つもないのだろうか?


私はさっそく、「ほぼ100%の人が治った」という
「実績のある治療法」を探し始めました。

インターネットはもちろん、大学図書館や大きな書店に、何度も足を
運びました。
全国のさまざまな図書館に通ったり、有名な専門家や医師を訪ねて回りました。

花粉症に関するあらゆる資料を取り寄せ、読み漁りました。

しかし、イマイチな情報ばかりで、
100%完治の実績をもつ治療法はなかなか見つかりませんでした。

“執念”に燃えた研究者のごとく

調査、調査、また調査…


そこで私は、大学院の学生をしていた頃に慣れ親しんだ医学論文
その他の学術論文を取り寄せることにしました。

その中でも特に信頼できる論文だけを選び、
すみずみまで読み上げていきました。

どんなささいな情報も見のがすまいと、
大量の論文を一つ一つ、厳しい目でチェックしていきました。

目指したのはただ一つ。
「ほぼ100%の人が完治した治療法」を見つけ出すこと。

ひたすら「100%完治」にこだわり続け、
数え切れないほど大量の論文を読み漁ること2年…。

あった!!

ついに見つけたーっ!!


花粉症に苦しみながらひたすら調査を続けていた毎日。
しかし、ある日、ついに花粉症を完治に導く素晴らしい発見をしたのです。

それはまさに、
実際に100%近くの花粉症患者が完治した治療法との出会いだったのです。

それは、敏感体質を根底から改善する治療法でした。

その治療法は、
山口県にある公立病院に勤める老齢の小児科医によるものでした。

その公立病院の医師は、
その病院でほぼ100%の花粉症患者を完治させていたのです。

公立の病院での治療ですから、いかがわしい民間療法なんかではなく、
根拠がしっかりした治療法でした。

私はどうしてもこの医師に会いたくなって、
住んでいる愛知県からはるばる、山口県にあるその病院に行きました。

そしてついに私は、
ほぼ100%完治の実績を持つ医師に会うことができたのです。

そして、私は次々と質問をしました。

  「先生が書かれた資料に、
   “本症の成人40例は、筆者が小児科であるため少ない経験ですが、
   ほぼ満足いく解決法が得られています。”
   と載っているが、これは本当に100%近い完治率なのか?」

  「鼻水、くしゃみは1~2週間で、
   鼻づまりは2~4週間で著明な効果がある
というのは本当か?」

  「そもそも、花粉に過敏になる根本原因は何なのか?」

  「どうやって治療するのか?」

  「なぜ、その方法で治っているのか?」

こういった質問を、自分が完全に納得いくまで繰り返しました。

その医師は、言葉を選びながらとても丁寧に質問に答えてくれました。
私はこうして、全ての疑問を一つ一つ解消していったのです。

私はお会いする前に、その医師のありったけの資料を熟読し、
ある程度の専門知識を持った上で面会に臨みました。

会話中、それらの資料を手に質問をする私に対して、
その医師が何度も言いました。

「よく、ここまで調べましたね。」

と言って非常に驚いていました。

私としては、資料に載っていないこと、載せられないこと
まで深く学びたかったのです。

また、
40年以上もの長い間、現場で治療をしてこられた“医師の肌感覚”
というのは、資料や文献に書かれていること以上に大事だと思ったのです。

そして、はるばる遠くまで足を運び、徹底指導を受けた甲斐があって、
資料では語られていない、より強力で具体的な治療のコツ
を学ぶことができました。

その医師からマンツーマンの指導を受けている間中、私は必死でノートを
取りました。

医師は、治療の根拠を示す参考文献や研究者の名前など、
より詳しい情報のありかを教えてくれました。

私はそのノートを頼りに、家に帰った後も新たな文献を取り寄せ、
一つ一つ読み込んでいきました。

それまでは、治療法そのものを探していたのですが、
その日を境に、なぜ、その治療法で100%近くの人が治っているのか、
ということについて詳しく調べていきました。

つまり、その治療法のメカニズムに興味を持つようになったのです。

さらに、“超一流の研究者”に会って

その治療法の原理を学びました。


そんな中で、花粉症やアレルギーのメカニズムについてものすごく詳しい、
日本でも指折りの研究者にも会いに行きました。

その研究者は、東京大学薬学部助手、
米国ミシガン大学医学部、ベイラー医科大学留学を経て、
ついには薬学関係の学会まで立ち上げてしまったという、
日本で最も花粉症・アレルギーについて詳しい研究者の一人だったのです。

つまり、アレルギー研究の第一人者でいらっしゃいます。

その先生は幸いにも、私の住んでいる愛知県にお住まいでした。

おぉ!!なんという偶然!

ということで、早速、会いに行きました。
その先生が立ち上げた薬学関係の学会にも入会し、先生と直接お話をさせて
頂きました。

ここでも、先にお話しした医師とおなじように、
“研究者の肌感覚”を学ぶことができました。

資料に載っていない知識こそが重要であるということを改めて痛感しました。

これを機に、分子レベル・細胞レベルで、治った原理を調べていきました。
すると、今までまったく知らなかった驚くべき事実が、次々と明らかに
なっていきました。

そして、
明らかになったメカニズムを利用して、
自分なりに応用していきました。


その医師と研究者は、本人は花粉症ではありません。
花粉症である私自身が、自分の体を実験台にして、より効率良く、より楽に
取り組める、

独自の治療法を編み出して行ったのです。

こうして私は、ほぼ100%完治の実績を持つ治療法
進化させていったのです。
【続きを読む】

     

リノール酸低減式花粉症対策

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
花粉症体質を解消する!花粉症スッキリ解消プログラム「花粉バスター」

shohin_top.jpg
shohin.jpg

image2-H1.jpg

今年は昨年よりは花粉の飛散量が減ったと言われています。

それにも関わらず、もしかしてあなたは
「花粉症は一生治らない」
「これよりもっと症状がひどくなったらどうすればいいのか・・・」

と悩んでいませんか?

実は私も以前まで
「花粉症は根本的に治らない病気だ」と100%信じていました。

ところがある方法に出会ってから、それまで苦しめられていたのが
全くウソだったかのように、花粉症の症状が出なくなったのです。

以降ずっと、マスクなしの快適な生活を送っています。

もしあなたも、
「この辛い花粉症からスグにでも解放されたい」とお考えなら
是非、今から5分ほどお付き合いください。

花粉症の原因と改善の手順をお話したいと思います。

dai06.jpg

ここでちょっとお聞きしたいのですが、
あなたは今までどんな花粉症改善方法を試しましたか?

お友達から聞いた方法、雑誌に書いてあった方法など、
色々な花粉症対策を試してきたことと思います。

でも、あまり効果はなかったのではないでしょうか?
もし花粉症に効果があったらこのサイトは見ていないはずなので・・・

はっきり言ってしまいますと、
まず最も重要なのは、根本的に改善できるかです!

ここまでお話ししてきましたが、
私自身、花粉症改善に結びつくと考えられる
あらゆる方法をたくさん試してきました。

本や雑誌もたくさん読みましたし、
病院にも専門医にも診てもらいました。

もちろん、たくさんの費用をかけて手入れすれば
花粉症が治る場合もあると思います。
でも一定の予算の中でやろうとすると、どうしても
手段は限られてきますし、効果もほとんどありません。

さらに間違った知識で実践してしまった場合、
花粉症の症状が変わらないならまだ良いですが、
逆に悪化してしまう場合すらあるのです。

今回、やり方を間違えると逆効果にもなり得るる、誤解されやすい
間違った花粉対策を4つほどピックアップしてご紹介しますね。

dai07.jpg

small_a01.jpg

花粉症は病院にかかるほどのものではなく、ハーブやアロマセラピーなどで
なんとかなるだろうと考えている方が結構いらっしゃいます。
しかそういった女性誌に書かれているような民間療法だけに頼っていては
花粉症の完治には至りません。
確かにハーブやアロマオイルを使うと、鼻の通りがよくなったりリラックスする
ことで気持ちが落ち着いたりと、症状の軽減の役割を果たすケースもあります。
ですが、特にアロマオイルは、体に合う・合わないということがあるので、
花粉症=アロマオイルと考えるのは、場合によっては症状の悪化に繋がります。
雑誌に書かれているような療法だけに頼るのはお勧めできません。

small_a02.jpg

花粉症に関しては、すぐにでも症状を何とかしたいと薬の効果に期待をする
方が多いです。しかし、花粉症に限らず薬は症状によって効果も違います。
軽い症状であれば薬の効き目はすぐに現れますが、そうでない場合には
期待したほど効果が出ないこともあります。
その時に自分勝手に薬をあれこれ変えるのは、その薬の効果を半減させてしまう
ので避けましょう。それぞれの薬の効果をよく把握したうえで服用しなければ、
副作用がでたり症状が悪化したりする場合があります。

small_a03.jpg

花粉症は鼻づまりやくしゃみが主な症状のため、すっきりする鼻洗浄を行う
人が多いです。
鼻洗浄によって鼻の中に入った花粉を取り除くことが出来ますから、
症状の改善には役に立ちます。
ただし、1日に何度も鼻の洗浄を行うことは、鼻の粘膜を傷つけたり
内耳に水が回って中耳炎になったり、花粉症以外の症状を引き起こしたり
してしまう可能性が高くなります。専用の洗浄薬も市販されていますが、
使用するときは注意事項をしっかり確認してください。

small_a04.jpg

どんな病気でもそうですが「とにかく我慢する」という人は多いものです。
花粉症の場合、その時期さえ過ぎてしまえば症状がでなくなるという考えから、
特に何もせずに我慢する方も多いようです。
症状が軽いのであればそれも可能ですが、ひどくなると熱がでたり
痒みで眠れなくなったりします。それを我慢すると、結局は睡眠不足になり
更には集中力がなくなり日常生活に支障が出ることになります。
無理に我慢するのではなく、冷静に現実を見つめて症状を軽くするほうが
先決ではないでしょうか。

いかがでしょうか?
もしかしたら、これらの方法を実践したことがあるかもしれませんね。

dai09.jpg

しかし、これらの方法だけでは、この先もずっと花粉症を改善する
ことはできません。
私自身も長年やってきましたから・・・

もちろん、花粉症を解消するために水で鼻の洗浄をするなどの習慣が
必ず悪い影響を及ぼす、というわけではありません。

ただそれらは、あくまでもサポート的な役割であり、
決して、花粉症の根本的な原因を改善できるものではない
ということを言いたいのです。

場合によっては、花粉症を悪化させてしまうこともある、
という事実を忘れないでください。


残念なことに、雑誌などの特集で紹介されている花粉症のほとんどは、
サポート的な方法ばかりです。もしくは肝心な説明が不足しています。

ただ一時的に便を出すだけならこれらの方法も役立つかもしれませんが、
花粉症を根本から解決する事は不可能でしょう。

dai10.jpg

では、私がどのように花粉症改善のアドバイスをしているのか?
私はアドバイスをする際、最初にその人のタイプを見極めるようにしています。

タイプが大まかにでも分かれば、どのように対策を行えばいいか
判断することは簡単だからです。

花粉症改善の第一歩は、自分の花粉症を正しく理解すること!
あなたを長年苦しめる花粉症を大きく3つのタイプに分けました。


small_b01.jpg

体には、外部から異物の侵入があるとそれを壊そうとする免疫機能があります。
本来毒性のない花粉が体に入っても、それに過敏に反応することはありませんが
免疫機能が弱いときは、過剰に反応してしまうのです。ですから、入ってきた
花粉に対して、外に出そうとしてくしゃみや鼻水といった症状が起こります。
体調が悪かったり精神的に疲れていたりすると、花粉症の症状が強く出るのが
このタイプといえます。


small_b02.jpg

ストレスはいろいろな病気の原因になりますが、花粉症の症状も悪化させます。
最近になって多くみられるのが、このストレスタイプかもしれません。
職場での人間関係や仕事の忙しさなどで、ストレスがたまると、睡眠不足や
食欲不振など、日常生活のリズムが狂い体調を崩す原因になりがちです。
花粉症の症状も、このストレスの多いときには悪化することが多く、
また他の病気にもかかりやすくなります。
花粉症の症状自体もストレスとなり、さらに改善の邪魔をしてしまいます。

small_b03.jpg

両親や身内に花粉症の人がいると、遺伝しやすいという調査結果があります。
ですが、花粉症が遺伝するというより、アレルギー体質が遺伝するのです。
アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー反応が原因で起こる病気を持っている
場合、子供にも遺伝する可能性が高いです。
また、遺伝ではないけれど、元々アレルギー体質の人は、今まで花粉症の症状が
なくても、いきなり発症するケースもあります。
食生活も体質を作るひとつの要因であり、大きく関係しています。

さて、そのタイプが分かったら原因を探りましょう。
原因さえ分かれば、自分のタイプに合わせて改善できます。
タイプごとの主な原因はこちらです。

small_c01.jpg

体の免疫機能は、睡眠不足や疲労などが原因で低下しやすくなります。
また、食生活の偏りによる栄養バランスの崩れも免疫力の低下につながります。
除菌や殺菌がいたるところで行われ、体が外部からの攻撃に弱くなり、
免疫ができにくくなるのです。
花粉症の症状の改善には、この免疫力をアップさせる工夫、つまり食生活に
気を配る・生活のリズムを乱さない健康的な生活を送るという工夫も必要です。
さらに、花粉を体の中に入れないことも予防の観点では大切なポイントですね。
免疫が低下していると花粉症の症状が軽くなるという説もありますが、
大半は低下が原因で症状に悩まされるのです。

small_c02.jpg

花粉症はアレルギー反応のひとつですが、ストレスを強く感じると
自律神経の働きに乱れが生じます。
自律神経にはアレルゲンへの反応を過敏にする働きもあって、
それが強くなるとくしゃみや鼻水といった花粉症の症状が現れるのです。
仕事などでのストレスが多いと、暴飲暴食、睡眠不足といった生活習慣の乱れ
にもつながり、花粉症と共に体調を崩す原因にもなります。
そして、ストレスは体の免疫機能を弱くしてしまうので、花粉症の人は
できるだけストレスを溜めないような工夫も必要です。

small_c03.jpg

全ての花粉症が遺伝によるものではありません。ですが、両親またはどちらかが
花粉症である場合、遺伝する可能性はかなり高くなります。
花粉症が遺伝するというより、アレルギー体質が遺伝するので、アトピー性の
皮膚炎や喘息などが遺伝している場合は、花粉症になる可能性も高まります。
毎日の食生活も、花粉症にかかりやすい体質を作りやすいとされています。
欧米化した食事ではなく、野菜や魚中心の和食は健康的な体を作るために
とても適しているので、体質改善のために心がけるといいでしょう。

大まかではありますが、あなたの花粉症の原因も理解できましたでしょうか?
2つ3つと思い当たる節があったかもしれません。

でもご安心ください。
複数の原因がからみあっていますので複雑に見えますが、
ひとつひとつ対処すれば問題ないからです。

あとは、花粉症のタイプを考えながら、私がお伝えする方法を実践するだけです。
この方法なら、あなたの花粉症を根本的にスッキリ解消することができます。

dai11.jpg

「でも、私の花粉症は5年以上も続いているけど・・大丈夫かしら」
これまで長年花粉症に悩まされてきた方ほど、不安に思うかもしれません。

しかし、もうお分かりのはずです。
長年苦しめられてきた花粉症には小手先のテクニックが通用しない
ということを。

花粉症を治すために大切なことは、花粉症の根本原因を改善することですが、
間違った方法を続けても、あなたのツラい花粉症は決して解決されません。

ですから、これまで世間で紹介されてきた花粉症対策とは
まったく異なるアプローチをお伝えいたします。

これまでに300人以上の方の慢性的な花粉症を改善してきた方法です。
その上、この花粉症改善術には何も難しいことがありません。

大まかにいうと、次のステップを行なっていただくだけです。

4step.jpg

たったこれだけです。

これだけのことを実践していただくことで、
心身ともに健康になっていき花粉症が改善されていきます。
さらに肌までも改善されたケースもあります。

これなら、あなたにもできると思いませんか?

花粉症が改善されれば鼻水に悩まされることもなくなります。
自由に好きなことをしても問題ありません。

基本を無視した意味のない方法ではなく
基礎をきちんと理解して正しい花粉症改善に取り組んでください。

これから、もっと花粉が飛散しようとも、
「花粉症がひどくなったらどうしよう…」と恐れる必要がなくなります。


本当に花粉症を根本的に改善したい方に
ぜひ、読んでいただきたいと思っております。【続きを読む】

花粉症体質を解消する!花粉症スッキリ解消プログラム「花粉バスター」

人気ブログランキングへ
横浜大学相談役 今福敏雄の花粉症改善プログラム

top[1]

もし、あなたが、

チェック 多くの薬を試す
チェック 花粉症に効果的な食事をしている
チェック 鼻粘膜の縮小を目的にした手術をしている
チェック 通販で買った健康食品・サプリメントを飲み続けている
チェック 目は腫れて、鼻水流しながらも、ひたすら我慢している

といった行為をされている場合は、

今すぐにやめてください!

これらは、間違った花粉症改善法です。

間違った対処なので、当然、花粉症は改善されるはずもありません。

それどころか、花粉症を悪化させてしまったり、
体調を崩してしまったりと、悪い影響さえ起こりえます。

では、どうしたら花粉症は改善されるのか?

これから一般には公開されていない

「秘密の花粉症改善法」

をあなたにお伝えしいきたいと思います。

はじめまして。
今福と申します。

これまで35年間ほど代替医療に携わり、
数多くの患者様の体の悩みを解決してまいりました。

jikoshokai[1]

その中で、花粉症に悩むたくさんの方の声を直接聞いてきたので
あなたの悩みがとても良く分かります。

おいしい食事をあきらめたり、

飲みたくもない薬を飲んだり、

痛い思いをして粘膜を焼くレーザー治療をしたり 、

鼻水が垂れてきて、仕事にならない。。

目の周りが腫れて、デートもコンパにも行けない。

こういった日々を送っていては、
あなたの心や体にはストレスがかかり、生活に支障が出てしまいます。

でも、安心してください! !

これから私が、一般に出回ることはない花粉症改善法をを教えます。

020[1]

「花粉症を本気で改善したい・・・」

「花粉症を改善したいけど、薬も手術もイヤだ・・・」


とお考えであれば、
5分だけ時間をとって、この続きを読んでみてください。

3つの間違った花粉症対策

花粉症を改善できない最大の理由、
それは、多くの方が花粉症に対して間違った認識を持ってるということです。

間違った認識を持っているので、間違った対処をしてしまう。

間違った対処なので、
当然、花粉症は改善されるはずもありません。

それどころか、花粉症を悪化させてしまったり、
体調を崩してしまったりと、悪い影響さえ起こりえます。

あなたは今までどんな方法を試しましたか?

今、このサイトをご覧になっているということは、

あなたはこれまでにも、たくさんの努力しては、
うまくいかなかった経験をされてきたのではないでしょうか?

私も、これまでに様々な方法を見てきましたが、
残念ながら、世の中には間違った方法がたくさん出回っています。

では、その間違った花粉症対策とはどんなものでしょうか?

代表的な間違いが、この3つです。

①市販の薬に頼りきっている

花粉症は、アレルギー性の疾患です。

アレルギーと言うのはすぐに良くなる
ということがとても難しいです。

市販の薬を飲めば、一時的に症状は緩和されるかもしれません。

ただ、薬は服用すると眠くなります。

鼻水が垂れて、仕事にならないから薬を飲むは多くいます。
それが薬を飲むことで、仕事中眠くなってしまっては本末転倒です。

また薬は飲み続けていると、体の方が慣れてしまい
薬を服用していても、効果の度合いも軽減されます。

そして、薬というのは、
あくまでも症状を緩和するもの、という事です。

症状がないからといって
あなたの花粉症が改善したというわけではありません。

改善というのは、これからの人生、花粉症にならない体質にするとう事です。

付け焼き刃で、毎年薬を飲んで治ったつもりでいても、
根本的な改善には至っていません。

今後も花粉症の季節に、一時しのぎの方法を続けるのでしょうか?

②レーザー手術に頼っている

レーザー手術で鼻の粘膜を焼却する方法です。

ただ、粘膜は数ヶ月で
再生するので完治するわけではありません。

高いお金を払って手術をしても、効果は限定的。

粘膜を焼く手術は、根本的治療ではなく、
アレルギー体質は変わりません。

毎年毎年、痛い思いをしながら
数万円もの高いお金を払って、手術しなければなりません。

そもそも粘膜と
悪いモノが入ってきた時に
洗い流す役割があるので

粘膜を焼くというのはヒト本来の
カラダの機能を落としてしまうので
非常に危険です。

③ 健康食品・サプリメントを服用する

雑誌や通販カタログには、
花粉症に効くとされる健康食品やサプリメントが販売されています。

花粉症で悩んでいる人なら、一度は試してみたくなることでしょう。

全ての商品が間違っているとは言えませんが、
これでは、花粉症の根本的原因の解決はできません。

例えば、花粉症に乳酸菌が良いといいますが、

簡単にいうと、腸内環境を良くすると、
呼吸器系が良くなるという論理です。

ただ、ヨーグルトを食べれば良い、とか
乳酸菌を含むサプリを飲んでも、効くわけではありません。

一般のヨーグルトでは、そもそも
整腸作用がそこまでありません。

また、どういう食生活、どういった組み合わせで
食事をしているかによって大きく変化します。

花粉症の根本的原因を理解しないまま
市販の健康食品やサプリを使っても効果はありませんし、

販売メーカーやメディアに踊らされて
出費ばかり増えるばかりです。

いかがですか?

花粉症に対する対処法として、
一般的に知られている方法ですから、
ひとつくらい当てはまる方が多いのではないのでしょうか?

これらの間違った花粉症改善方法は、一時的には効果的かもしれませんが、

逆に、花粉症の症状を進行させてしまったり
体にダメージを残してしまう可能性もあります。

これは大げさでな話ではありません!

花粉症は放置しておくと、

通年性アレルギー鼻炎

副鼻腔炎症


などの危険な合併症を引き起こす可能性があります。

こういった

間違った方法をやり続けてることが、花粉症を改善できない1番の理由

なんです。

間違った方法を続けること程、悲しい事はありません。

もう巷にあふれるいい加減な改善法は、今すぐにやめてください!

では、正しい改善法とは?

「じゃあ、どうしたら私の花粉症は改善されるんですか?」

あなたは心の中で、そう思っていることでしょう。
この質問への答えは簡単です。

花粉症の根本的原因を解決する正しい改善法を実践する

たったこれだけのことです。

先述した通り、これまでに私はあらゆる花粉症の改善法をたくさん試してきました。

本や雑誌もたくさん読みましたし、
花粉症に聞くとされる薬、漢方などもいろいろ試してみましたし、
カロリーを控えた食事に切り替えたこともあります。

しかし、どれもを試しても、花粉症は解決できませんでした。

なぜなら、

これらの方法では、花粉症の根本的原因を解消できないからです。

そこで私は 得意の東洋医学の知識・経験を駆使し、

花粉症を根本から改善する方法を見つけることができたのです。

世の中には、様々な花粉症改善法が紹介されていますが、
どれも、根本的原因を無視しているものが大半です。

花粉症の根本的原因を改善すれば、
もう薬を飲んだり、レーザー手術を行う必要はありません。

今後は、花粉症の根本的原因を理解した上で、正しい改善法に取り組んでください。
【続きを読む】

横浜大学相談役 今福敏雄の花粉症改善プログラム

人気ブログランキングへ
30日で花粉症・鼻炎・結膜炎を治す!!アレルギー体質の抜本的改善法

headergreenk-H.gif

花粉症・鼻炎・結膜炎の症状を完全に消し去ることは
決して難しいことではありません。

正しい知識とやり方さえ知っていれば…

毎年花粉が飛び始める季節になると、
日本全国で「花粉症」が大流行します。

その度にたくさんの「予防対策」がメディアや雑誌で
取り上げられますよね。

中には、季節に関係なく一年中花粉症の症状に
悩まされている方も増えています。

ホントにつらいですよね。

でも、もう大丈夫です。

薬に頼らずに花粉症を根本的に克服する方法をお教えします。

あなたの体質を抜本的に改善しますので、
今後一切薬が必要になることもないでしょう。

そもそも花粉症とは

 「自分の免疫システムが、抗体、つまり花粉に対して過剰に反応している状態」

だから、免疫が過敏にならないように
 「マスク」や「薬」で予防をする。

こういった対策がたくさんメディアで流れます。

もちろん、こういった予防対策は、
毎日の生活を快適に過ごしていくことだけを考えれば、
間違ってはいないと思います。

でもこの花粉症を、「花粉症」としてだけで、

捉えてしまっていいのでしょうか?

くしゃみ、鼻水、目の充血やかゆみなど
「花粉症の症状が出る」「アレルギーの症状が出る」ということは、
あなたの身体そのものに異常があるということなのです。

こういった「全身」という視野で「花粉症」を捉えると
「花粉でアレルギーが起こる」という事実だけで捉えるのは
とても危険であると言えます。

私たちが「大きな病気」につながる前に、

身体の悲鳴がアレルギー・花粉症という形で表れている・・・

「目に見えない身体の異常」を、
「目に見える形」で、あなたの身体が教えてくれているのです。

でも、実際に多くの人たちは
その「身体の異常」に目をむけずに
 「目に見える症状」ばかりに目を向けています。

鼻炎・結膜炎の諸症状、くしゃみ、鼻水、目の充血・かゆみ・・・

それらを止めることばかり考えています・・・

だから、花粉の季節が過ぎ去って症状が治まれば
 花粉症のことはすっかり忘れてしまいます。

そしてまた花粉症の症状が出たら

「いかに花粉症の症状をすぐ抑えるか」

「すぐに症状を消して、ラクになりたい」

このような”即効的な対策”ばかりを探そうとします。

これらの症状を抑えるだけの対策を対症療法といいます。

でもそれって、あなたが本当に求めているものですか?

違いますよね。

あなたにとって本当に大切なことは

「身体の中で何が起こっているのか?」

「何が起こった結果、花粉症という症状が現れたのか?」

そして

「どうすれば、花粉症の症状が今後一切出なくなるのか?」

ということですよね。

花粉症の症状が出ているということは、

「あなたの身体の中で何が起こっていて」

「あなたの身体のどこに負担がかかっていて」

「あなたの身体の機能のどこが衰えているのか」

ということを知っておかなければ、
根本的な解決、すなわち「完治」にはつながりません。

多くの人は受身の情報にばかり流されて、
根本的な解決について考えることを忘れています。

いわゆる”花粉症ビジネス”や”アレルギービジネス”というものに翻弄されて
あなたが本当にやるべきことを見失っているのです。

「あなたの身体が本当に必要としているものはなにか」

ということを見失っているのです。

花粉症になったら、鼻水を止めることだけを考える…

目の充血を抑えることだけを考える…

コレステロールが高くなれば、コレステロールを下げることだけを考える…

血糖値が高くなれば、血糖値を下げることだけを考える…

目に見える症状だけをそれぞれバラバラに考えてしまい、
自分の体をまるで”部品”のように捉えてしまっているのです。

私たちの身体の中では、
すべての臓器が相互に関連しあいながら働いています。

花粉症・鼻炎・結膜炎、アレルギーやあらゆる病気は、
これらの働きがうまくいかなくなったときに起こるのです。

こう考えていくと花粉症克服に向けた道筋が見えてきますよね。
【詳しくは】

30日で花粉症・鼻炎・結膜炎を治す!!アレルギー体質の抜本的改善法

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。