女性のための情報商材の提供

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子宮と卵巣を若返らせて妊娠適齢期の妊娠力を手に入れる!!
医学博士の自宅で自然妊娠する方法


img01-H3.jpg

はじめまして。医学博士の川上智史(かわかみさとし)と申します。
生活習慣に関する講演会やカウンセリングなどを行い、
今まで、全国の様々な状態の女性を自然妊娠に導いてきました。

私がこのサイトを立ち上げた理由・・・
様々な相談を受ける中で一番気になったこと、
不妊で悩んでいる方があまりにも多いから。

そして、その女性達に1日でも早く赤ちゃんを授かってもらい、
母としての人生を送ってもらうためです。

「でも、今まで色々試したけど、ダメだったし・・・。」
「もう、年齢的にも自然に授かるのは難しいんじゃないかな・・・。」
「筋腫があるから・・・。」
「うまく排卵できてないみたいだし・・・。」


という声が聞こえて来そうですが、心配要りません。
私のところに相談にくる方も、以下のような悩みを抱えています。

「早く赤ちゃんが欲しい・・・でも、高額な不妊治療には通えない・・・」
「もっと若かったら妊娠しやすいんでしょ?」

また、毎朝きっちり基礎体温を測り、タイミング法で挑戦しても、
妊娠しやすくなるという方法を試してみても、
規則正しい健康的な生活をしているのに、

「なかなか妊娠できない」といったこともよく耳にしています。

一般的に、排卵日にSEXしても無事妊娠する確率は
20代前半の夫婦でたった40%とされています。

年齢を重ね、子宮筋腫や内膜症といった問題を抱えていらっしゃる場合の確率は・・・

しかし、私は
「35歳以上の女性でも不妊治療を行うことなく
自然に赤ちゃんを授かる方法はないのか」
という課題を掲げ、何年間も試行錯誤し続けました。

年齢と妊娠する確率から、
女性のカラダのメカニズムを徹底的に分析し研究した結果、

「“妊娠するために大切なのは実年齢ではなく、子宮と卵巣のコンディション
(状態)だ”
という結論に至りました。

そして、この“子宮と卵巣を若返らせて妊娠適齢期の妊娠力を手に入れる妊娠術”
を、実際に35歳以上の女性で不妊で悩んでいる人たちに
試してもらうことにしたのです。

もちろん、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫、排卵障害、着床障害
高プロラクチン症、低体温症(極度の冷え症)、生理不順、高齢

といった様々な悩みをお持ちの方ばかりです。

今ではこの方法で妊娠された方は200人以上いらっしゃいます。

もちろん、不妊治療をされたわけではありません。つまり、本人もあきらめ
かけていた自然妊娠に成功したのです。

昔と比べて、人間の平均寿命は延びています。

でも、出産適齢期が寿命と一緒にのびたわけではありません。

どちらかというと、今は
妊娠・出産に立ちはだかる問題がたくさんあるため、
逆に、出産適齢期は少しずつ短くなってきているとも言えます。

というのも、
年齢は30歳なのに、子宮や卵巣の状態は45歳をこえている、
というような方が本当に多いのです。

☆下記は、子宮や卵巣のコンディション(状態)が老けていると言われる症状
の一例です。

チェック 子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、高プロラクチン血症と診断された。

チェック 排卵障害、着床障害がある。

チェック 低体温症(極度の冷え症)である。

チェック 生理痛がひどい、出血量が多い、規則正しく生理がこない。

子宮や卵巣のコンディション(状態)が良くなると
上記の症状も自然と改善されるのです。

何度も申し上げますが、
妊娠するために本当に大切なのは、
実際の年齢よりも、子宮や卵巣のコンディション(状態)なのです。

子宮と卵巣の環境整理が最も重要なのです。

今は、外見を若く保つことのできる方法はたくさんあります。

アンチエイジングの化粧品や、サプリ、エステまで、
選択肢は星の数ほどありますので
実際にきちんとケアされている方は多いでしょう。

でも体の中身のアンチエイジングに気をつけていることはありますか?
子宮・卵巣のアンチエイジングに自信はありますか?

お肌なんかと違って、特に子宮や卵巣なんかは、
見て触って確かめる、ということができないので
状態を若がえらせて、その状態をキープする、というのは
本当に難しいことだと思います。

だからこそ、正しい知識の元、
子宮・卵巣のアンチエイジングを心がけることが大切です。

今まで、気かけなかった部分だからこそ、
少しの努力で、大きな良い結果が返ってこられる方も
決して少なくありません。

headline02.jpg

「もっと若いうちに子づくりしておくべきだった・・・」

妊娠で多くの方が感じていらっしゃる、年齢という壁。

なぜなら、たとえ、どこにも異常のないカップルでも、
女性の年齢によって、妊娠のしやすさは左右されるからです。

☆下のグラフは、女性の年齢別で1年間に妊娠する確率をあらわしたものです。

graph.png
【縦軸】1年以内に妊娠する確率(%)【横軸】が年齢

これを見て頂ければわかるように、妊娠する確率が、
年齢とともに大幅に減少しているのがわかります。

でも、子宮や卵巣のコンディション(状態)を、
体力年齢や肌年齢のように若返らせれば・・・

妊娠する確率が大幅に上がるということは言うまでもありません。

特に40代に入ると、妊娠率はぐんと下がっていますが、、
逆に、40代の方が子宮や卵巣のコンディション(状態)を若返らせると、、
妊娠する確率はぐんと上がるのです。

例えば45歳の方が子宮や卵巣のコンディションを、
10歳若返らせたとしましょう。

45歳-10歳=35歳ですから・・・、
20%だった確率がおおよそ60%まであがるのです!

妊娠する確率が3倍も上がるということです。

何度も言いますが、妊娠するためにあなたの年齢はハンディではありません。

大切なのは子宮や卵巣のコンディション(状態)なのです。

体内年齢や肌年齢も努力すれば、簡単に実年齢より若くなるように
子宮や卵巣の年齢も、あなたの生活次第で簡単に若返るのです。

生活のすべてを子宮や卵巣のコンディション(状態)の若返りに努めれば、
あっという間に10歳どころか、15歳でも20歳でも
若がえっていらっしゃる方は本当にたくさんいらっしゃいます。

60歳で40代の肌年齢をされているご婦人や
50歳で20代の体力年齢をお持ちの男性がいらっしゃるのですから
あなたが頑張れるのなら、あなたの子宮・卵巣も若返らせてみませんか?

headline03.jpg

では、一体どうすれば、子宮や卵巣が若返るのか?

まずは、「生命力」を高める事。
これが大前提です。

生殖機能は生命の維持には直接関係のない、
いわばオプションのような機能ですから、
自分の体の栄養バランスが崩れ、生存が危機的状況となったら、
真っ先に切り捨てられると言われています。

その証拠に、無理なダイエットをしたり、
ストレスが蓄積されたりすると、
生理が止まったことがある方も少なくないでしょう。

良くないライフスタイルが
あなたの基本的な「生命力」を低下させ、
結果として不妊を招いているとしたら、
そのままでいいとは思わないでしょう。

ただ、「生命力」を高める事が大前提、と言われても
子宮や卵巣にどう影響があるのか
あまりピンとこないかもしれませんね。

「生命力」の低下が子宮や卵巣に及ぼす影響は、
様々ですが、例えば
“冷え症”も「生命力」が低下している証です。

体が冷えやすくなり
⇒免疫機能を弱め
⇒女性の場合、ホルモンバランスが崩れ
⇒子宮や卵巣の生殖機能を衰えさせてしまう
のです。

他にも“骨盤のゆがみ”もあげられます。

本来、人間の体は、一度ゆがみが発生しても
自力で、元の正常な位置に戻る力がありますが
間違ったライフスタイルを送っていると
「生命力」が低下し、
ゆがみを引きずり、体の不調を招くことになります。

骨盤がゆがむ
⇒骨盤の中に入っている内臓の位置が動く
⇒子宮や卵巣が本来あるべき場所からズレる
⇒圧迫を受け、血流が悪くなる
のです。

つまり、これらの“冷え症”や“骨盤のゆがみ”
を改善することが、子宮や卵巣のコンディション(状態)を
若返らせることに繋がるのです。

その他にも、
子宮や卵巣に悪い影響を及ぼしている
要因はたくさんありますので
あなた本来の「生命力」を高めながら、
子宮や卵巣のコンディション(状態)を
若返らせていきましょう。

headline04.jpg

不妊治療ではもちろん薬が使われます。

一番よく使われるのは、排卵誘発剤です。

その名の通り、薬で無理やり排卵させるというものですが、
強い腹痛・頭痛・吐き気・目のかすみ・顔のほてり・発疹の
副作用が出る場合もあります。

また一度に複数の卵子が排卵されるので、
多胎妊娠(同時に2人以上の赤ちゃんを妊娠する事)の確率が高くなります。

同時に2人以上の赤ちゃんを妊娠すると
流産・早産の危険性が高く、出生体重が減り
22週以降の周産期死亡率や後遺症害についても高くなる
とされています。

母体には、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、切迫早産などの危険があります。

中には
「赤ちゃんが欲しくて欲しくて不妊治療を受けたのに、
 何人かの赤ちゃんと"さよなら"しなくてはいけなくなった上
 残した赤ちゃんとも、減胎手術が原因で
"さよなら"しなくてはいけなくなった・・・
 望んだ命を殺すのは悲しすぎます。」

とおっしゃられる方もいらっしゃいました。

自分で望んだ命とサヨナラすることを選んだ彼女は、
「わたしは何て最低な人間なんだろう…」
と心底参ってらっしゃいました。

もちろん、不妊治療が悪いとはいいません。

しかし、このように毎回、高額な費用を支払って、
結果が出ない場合もたくさんあることを忘れないでください。

大切なあなた自身が、身も心もボロボロになってしまっては
意味がありません。


ましてや、妊娠する上で大切なには、
子宮や卵巣のコンディション (状態)です。

体に負担がかかる方法は、子宮にももちろん良くありません。
子宮・卵巣は、老ける一方です。

私のところに相談にくる人たちのほとんどが、
病院での治療に、不安を感じ、金銭的なことでも悩んでいる方が多いのです。
「妊娠したいけど・・・病院に行くのが怖い・・・」
「わが子をこの手で抱きたいけど・・・病院に通う費用がない」

あなたもこんな気持ちになったことはありませんでしょうか。

headline05.jpg

「病院で不妊治療をすれば、必ず妊娠できる」という保証はまったくありません。

実際に、先ほど述べたような、お薬の副作用で、身も心もボロボロになり
費用も時間もムダになってしまったケースは本当にたくさんあります。

「3年間、不妊治療を続けているけど、妊娠するどころか、
 精神的にも、肉体的にも、もう限界かもしれない・・・」

「200万円以上費やしたけど、結局妊娠できませんでした・・・」

そんな悩みが多かったらからこそ、
私は、改めて自然に妊娠することの大切さを実感したのです。

体に負担がかかることはありません。むしろ子宮・卵巣を中心に若返ります。

自宅でできる簡単な方法なので、お金はかかりません。

本来、妊娠することは、正しい知識を持って
子宮・卵巣年齢の若返りに努めれば、女性なら誰にでもできる
のです。

headline06.jpg

妊娠を望んでも1年以上妊娠できなかったカップルが、
不妊専門クリニックに通院した場合、
どのような治療で妊娠されたと思いますか?

もちろん、それぞれの施設によって、 治療方針や得意とする分野、治療法、
また、患者さんの年齢や不妊原因などが、大きく違うのが現実です。

それによって、数値も大きく異なってしまいますが
ここでは、出来るだけ負担のかるい治療で妊娠を目指し、
体外受精等の高度な治療への適応条件を厳しくしている、
不妊専門の大型施設の数値をご紹介したいと思います。

☆1年間の不妊期間を経て、
 不妊専門クリニックに通院を始めた女性が妊娠に至った治療内容

タイミング指導・・・・・・・・・70%
人工授精・・・・・・・・・・・・・15%
体外受精/顕微授精・・・15%

妊娠した方の約70%の方は、タイミング法による自然妊娠なのです。

もちろん、薬や注射による卵巣刺激を受けた方も含んでいます。

いかがですか?

不妊治療と言えば、人工授精や体外受精などの治療をイメージしがちですが、
ほとんどの方が、自然妊娠されているんです。

人工授精や、体外受精をされていらっしゃっていた方でさえも、
結局は自然妊娠で赤ちゃんを授かられたという方も多いです。

最終的には、自然の力、私たちが生まれながら備えているエネルギーを
最大限に発揮することが、妊娠への近道
なのです。

headline07.jpg

はい、この方法を直接あなたにお教えしたいところなのですが、
直接お教えするのには限界がありますので不妊でお悩みのあなたのために、
この「子宮と卵巣を若返らせて妊娠適齢期の妊娠力を手に入れる!!
医学博士の自宅で自然妊娠する方法」
のすべてを
初公開したマニュアルを執筆しました。【続きを読む】

子宮と卵巣を若返らせて妊娠適齢期の妊娠力を手に入れる!!
医学博士の自宅で自然妊娠する方法


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://m5h0055.blog49.fc2.com/tb.php/1148-c91bcb98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。