女性のための情報商材の提供

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フルチャージダイエットマナー

head2_20090105100948.png

例えば、あなたが気にする”甘いもの”。
ここでは「食べる」がマナーです。


もちろん、やみくもに食べていいわけではありませんが、
これにはきちんとした理由・裏付けがあります。 

雰囲気でそう言っているのではありません。

実は、 「 甘いものが好き 」 は、ヒトが生まれ持った本能のひとつ。 

これは、

厳しい環境の中でも生き延びるためには必要な能力だったから
本能という形でヒトに備わった

と言われています。

このことについては、
数々のテレビやラジオ番組にも出演されている
浜松医科大学名誉教授 高田明和先生が
著書の中で以下のように述べています。

 ■ 体に必要だから ( 甘いものを )“ おいしい ” と感じるようになり、五感がそのように
   進化したと考えられる。 生まれたばかりの赤ちゃんに、いろいろな味の液体を入れて
   みると、甘いものを入れた時のみ、嬉しそうな声をあげたり、もっと欲しそうにするのは、
   人間を含めた多くの動物が、甘さに対して本能的に喜びを感ずる性質を持っていると
   考えられる。

 ■ 味は舌が判断しているのではなく、脳が判断している。 脳が甘さをおいしいと
   感じる方が、おいしくないと感じるより生存に有利であるためと考えられる。 甘いものを
   摂取すると、体格も大きくなり、脳の働きもよくなるなど、結局、生存競争では甘いものを
   美味しいと感ずる脳が勝利したと考えられる。                               

また、この “ 甘いもの ” が、

ストレスを抑えたり、食欲を安定させたりする働きのあることに
ついても、

高田先生は以下のように述べています。

 ■ 食欲を調節する機構を考えると、ブドウ糖は満腹中枢を刺激し、摂食中枢を抑える。
   そのために、甘いものを摂ると、その分、他のものを食べずにすむので、肥満の防止に
   役立つ。

 ■ 砂糖とは、ブドウ糖と果糖からなる炭水化物に過ぎず、10gがほぼ同じカロリーの蕎麦や
   米、小麦などに比べて、特別に肥満させる力はあるはずがない。 ストレスの多い現代に
   こそ、脳にとっての栄養ブドウ糖は、絶対に不可欠。

“ 甘いもの対策 ” ひとつにしても、
単にカロリーだけに焦点をあてるのではなく、

こうした  “ ヒトの体のシステム ” をベースに考えると、
甘いものがヒトの体や心や脳にとって大事な働きをしていることがよくわかります。

こうした 「 理解 」 や 「 納得 」 が、
甘いものを食べることへの恐怖感や抵抗を少なくして、
マナーを守りやすくするのです。

『 フルチャージダイエットマナー 』 の内容は、
甘いもの対策だけでなく、どの部分についても
このように “ ヒトの体のシステム ” に主眼を置いて 考えられています。

【続きを読む】

フルチャージダイエットマナー

下記より関連商品他検索できます


 
 
 
 
 
 

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://m5h0055.blog49.fc2.com/tb.php/425-0060945e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。