女性のための情報商材の提供

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サラサラ・ブラッド【バージョンアップ記念価格】

head-H1_20110111131750.jpg
subhead_04.jpg

チェック 糖尿病は、医師の指導に従い治療するのが一番だ。

チェック 病院で処方された血糖降下剤を服用し、血糖値が下がらない場合にインスリン
  注射をする。

チェック お酒、ジュース類、おやつは極力控えて、緑黄色野菜を毎日食べる。

チェック 糖尿病に良いといわれる健康食品やお茶・玄米を食事と併用していく。

チェック 糖尿病は、遺伝が原因なので何をしても完治できない。

チェック 糖尿病は、食べすぎと飲みすぎが原因なので腹八分に食事する。

チェック 糖尿病は、ストレスや寝不足が原因であるから、それらを解消する。

チェック 脂っこい食べ物や夜食を控えることで治療できる。

チェック 糖尿病は、漢方薬を服用することで完治できる。

あながち間違いではなさそうなものを挙げてみましたが、はっきりいってここに
書いてあることを実践することで糖尿病が悪化しないことはあっても、完治する
ことはまずありません。 糖尿病の現状維持と完治では大きく幅があります。

では、一体どうすればいいのか・・・?
midashi2.jpg
!004.gif
「こんなことしている場合じゃない」

冒頭で話したとおり、私の本職は料亭旅館の女将でした。
その忙しさは普通の人では考えられないぐらいです。

病気なんかしている場合じゃありませんでした。

医者からは他の病気が併発したら大変だと言われましたが入院したときはとにかく
早く仕事に戻らなきゃ大変!という気持ちばかりが先行して退院しました。

当時の私は、女将としてかなり忙しかったですが、充実した毎日を送っていました。
体に違和感を感じながらも、そのうち良くなるだろうと思い仕事を続けていました。

しかし段々と異変が私の体を蝕み始めました。

食欲がなく、喉が異様に渇き、全身が汗だらけになったのです。その上、一番つら
かったのは、30分に1回トイレに行きたくなることでした。

ああ・・・私って本当に何か病気に掛かってるんだ・・・。

併発する病気ってどういうのだろう・・・
糖尿病って放っておいたらどうなるんだろう・・・

1年前なら疲れ果てて寝るまでに1分と掛からなかった私ですが
寝る前に時々そんなことを考えるようになっていました。

そんなある日、仕事中にふらっとめまいがしたかと思うと
次の瞬間、視界がボヤけていました。

え・・・と思ったのも束の間、気がつくと私は病院のベッドでした。

「堀さん、今日から最低3日、入院してもらいます。」
「あなたこのままじゃ5年以内に失明しますよ。」

2度目の糖尿病宣告でした。
え、失明って何!!糖尿病ってそんなに危険な病気なの??
私だって治したい。でもどうすれば良いのか聞いても
明確な返事は返ってこなく、食事と運動しかないというのです。
このとき、私の血糖値は575という
糖尿病患者としても相当高い数字が出ていました。

実際、失明の危機を味わってからは、さすがの私も
仕事優先とはいえなくなり、本格的に治すことを考え出しました。

治すなら徹底的に短期間でやらなきゃ意味がない!
当初は先生や看護婦さんの言うことを聞いていましたが
改善するといってもとても治るというレベルではない・・・。

結局私は4人のお医者さまから意見をいただきましたが誰一人として「完治」という
ことに焦点を当てて話してくれる先生はいませんでした。

症状が悪化しないように、少しずつ改善していくしかない。
そう言うのです。

入院中から私はあらゆる本を漁りだし、糖尿病について
徹底的に研究し始めていました。

入院中だけでも20を越える糖尿病に関する本や論文など様々な文献を読み、
当初治す気のまったくなかったおばちゃんはいつしか治す気満々のおばちゃん
へと変わっていたんです。

読んでいる途中でこれやってみたいなと思うものは
片っ端からメモしていきました。

中にはまだ研究段階で論文の理論上では有用とされながらも
まだまだ現場での結果が伴ってないものもありました。

こういったものが気軽に手に入ったことは
やはり病院の偉大さを感じます。

入院中のたった3日で、やりたいメモはノート丸々一冊分溜まりました。

subhead_16.jpg

5日ぐらいで体感が出ました。体がすごく楽になったんです。
体重計に乗ると退院してから3キロやせていました。

2週間後、数値を測る前から楽しみで仕方ありませんでした。
だってもう治ったも同然の感覚だったんです。

しかし・・・結果は血糖値227、HbA1c7.4
普通の糖尿病患者のレベルでした。

そっか。前もこれぐらいだった時に対して気にも留めなかったから
こんなことになっちゃったんだ。

今回は前回の反省を込めてもう徹底的に糖尿病をやっつけよう!
とそのまま続けました。

退院してから3週間目ぐらいで旅館の女将の仕事も
以前と同じようにできるようになりました。

そして退院してから40日後。
私の血糖値とHbA1cの数字は以下のものになりました。

pic11.jpg

血糖値85!HbA1C5.6!

もう糖尿病ではありません!健康体と自信をもって言えます。
嬉しさのあまりちょっと食べ過ぎたので、心配になって家に帰って測ってみると
食後血糖値は96になっていました・・・(笑)

この後、HbA1cはさらに4.7まで下がったのですが、残っている写真が上のもの
しかありませんでした。

ここまで聞いて気になっていることがあると思います。

subhead_18.jpg

安心してください。その時の担当医にも確認してもらいました。

担当医
「あれ、なんでこんなに血糖値が良いの?」
「堀さんたしか(血糖値)500超えてたよね?」


「私いろいろ読んでたじゃないですか。」
「退院してからメモに溜めたことをやってみたんです。」

担当医
「血糖値もHbA1cもここまで下がるなんて表彰もんだよ。」
「それにインシュリン注射が止められるなんて、見たことないぐらいだよ。」


「私なりに頑張ってみたんです。」

担当医
「どんな方法か教えてもらいたいもんだね。」


「ええ、実はメモをもってきたので見てもらえますか?」

といいながら、まとめたノートを見てもらいました。

担当医
「・・・へぇ~これだけやれば治るかもしれないな。」
「それにしても旅館の女将である堀さんじゃなきゃこんな治療法発見でき
なかったかもしれないね。」


「やっぱり私治ったんですよね?」

担当医
「うん、もう大丈夫だ。ただ、だからといって前のような糖尿病になる生活を
していいわけじゃないからね。」


「ありがとうございます!」

と、このようにちゃんと医師のお墨付きをもらえました。

そして、ある中学の同窓会がきっかけで
このサイトを立ち上げることとなりました。

久しぶりの同窓会で、中には20年ぶり以上にもなる友達もきていて当時を
懐かしそうに振り返っていました。でも、いつも元気にはしゃいでいたはずの
良子は意気消沈していました。

そして私のすぐ後ろで小声で話している声が聞こえてきてしまいました。

真理と良子が私の後ろで何やらしゃべっていたのですが、真理の「え~!」という
声で会話が耳に入ってきてしまったんです。

真理
「え~! それ大変じゃない? 毎日注射しないとだめなんでしょ?」


「!(毎日注射ってもしかして・・・)」

良子
「そうみたい。インスリンの注射もつらいし、食事も制限されるの。」


「(うわ、ホントに糖尿病だ、どうしよう・・・)」

真理
「それで良くなるの?」

良子
「わからない。お医者さんが言うには、あなたは血糖値が380もあるから、
すぐに入院しなさいっていわれたの。とりあえず来週から入院だって・・・。」

真理
「え~、そうなんだ・・・」

良子
「どうしよ~、これから甘いものも食べれなくなるし、ずっと通院して注射ばかり
なんてとても耐えられないわ。」

楽しいはずの同窓会なのに私はこんな会話を耳にしました。

良子はお嬢様育ちで、好きな食べ物は何でもおなかいっぱい食べなければ気が
すまない性格でした。給食も毎日おかわりし、おまけに大の運動嫌いで体育の
時間も休んでばかりしていました。

3年前、「放っておいたら失明するよ」と言われ、退院後、懸命に試行錯誤を
してきた結果、私は先ほど医師にお墨付きをもらった劇的に血糖値を下げる方法
を見つけていました。

今でこそ健康体ですが、苦しい試行錯誤を経験し私が自宅で手軽にできる画期的な
方法を見つけ、実践したからでした。

同級生良子が、昔の自分と同じ病気で苦しんでいる・・・

正直に言うと、私が糖尿病であったことは本当はみんなに隠しておきたかったんです。

でも・・・だからといって苦しんでいる良子を放っておくわけにもいかない。


「ごめん、良子の話、聞いちゃったんだけど、これからどうするつもり?」

良子
「え、京子も聞いてたんだ。うん・・・まさか糖尿病になっていたなんて、ショック
で夜も眠れないの」


「一度糖尿病になった体を健康体に戻すことは、それほど難しいことではないのよ。」

良子
「・・・・・それどういうこと? なんで京子が知ってるの?」


「実は、私も糖尿病だったのよ・・・。」

良子
「え~~!信じられない。」
「通院したの?」


「うん、私も最初は入院させられた。でもね、私糖尿病に勝ったのよ。」

良子
「え?何それ。。一体どういうこと?」


「糖尿病って治らないって言われてるけど、結構簡単に治るのよ。」

良子
「適当なこと言わないでよ。色々な人に聞いたけど、みんな糖尿病は、悪化を食い
止めることはできるかもしれないけど、完治できないって言ってたよ。」


「私もそう聞いていたのよ。でも旅館の女将はそんなこといっていられないのよ。
月に1回も2回も病院になんて行ってられなかったの。

糖尿病で入院してヒマなときに病院から本を借りて調べまくって自宅でもなんと
か治す方法を調べたの。それで自分の体で色々実験してたら、退院後の一ヶ月
ちょっとで血糖値が575から96まで下がったのよ。」

良子
「え・・・ウソでしょ。そんな急激に!?それって私でも治るの?」


「うん。・・・(中略)・・・だから、だまされたと思って1ヶ月試してみて。」

良子
「えっ!本当にそれだけ?それなら1ヶ月ダメもとでやってみるわ。」


「言ったわね。必ずやってよ。それを体験してからはなんでみんな長年糖尿病で
苦しんでいるのか不思議なのよ。」

良子
「京子だって最初は苦しんでたでしょ!ホントに治るのかなぁ」


「どうでしょうね(笑)でもそれで治ったら今度またおいしいもの食べにいこうね。」

そしてその2週間後・・・
良子から電話が掛かってきました。

良子
「京子!ありがとう。今2週間目なんだけど、目に見えるように血糖値が下がって
るし、体も軽くなってるの!もう次測るときが楽しみで仕方ないわ。」

結果は私の予想通りでした。

その後良子は、主治医から通院を強く勧められながらも、注射と薬から開放され
健康体に戻ったのです。


当時380だった良子の血糖値は
一ヶ月ちょっとで94までダウンしました。


いかがでしょうか。

もうお分かりだと思いますが、私や良子が治った軌跡を「サラサラ・ブラッド」
として販売しており、1000名を超える方がサラサラ・ブラッドを使い糖尿病を
克服しています。

でもまだ糖尿病が治るなんて信じられないかもしれません。

少しでも多くの方に試していただけるよう
サラサラ・ブラッドには全額返金保証が付いています。
試してみてダメなら返金していただいて構いません。

なお、よくお問い合わせをいただくのですが

サラサラ・ブラッドは血糖値コントロールのノウハウを解説しつつ、堀独自の
オリジナルレシピや運動で糖尿病完治に向けて頑張ってもらうプログラムと
なっています。


2010年12月に無料特典として購入者に配った「1日で血糖値を下げる方法」が大変
好評だったので、今回、お付けすることにしました。

subhead_02.jpg
     【続きを読む】

     

サラサラ・ブラッド【バージョンアップ記念価格】

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
uggクラシックショート
2011/01/11(火) 17:08 | URL | uggクラシックショート #zUD0RnAw[ 編集]
ティファニー販売:http://www.japan-jewelry.com
ティファニー ブレスレット:
http://www.japan-jewelry.com/tiffany/bracelets.html
ティファニーネックレス:
http://www.japan-jewelry.com/tiffany/necklaces.html
ティファニー イヤリング:
http://www.japan-jewelry.com/tiffany/earrings.html
2011/01/11(火) 17:09 | URL | ティファニーネックレス #imuijwaw[ 編集]
Tiffany
2011/01/20(木) 14:34 | URL | Tiffany #x77T0HOw[ 編集]
ugg
UGG ファッション:http://www.uggjp.com/category-43-b0.html
uggクラシックミニ:http://www.uggjp.com/category-37-b0.html
UGGトールブーツ:http://www.uggjp.com/category-31-b0.html
uggクラシックショート:http://www.uggjp.com/category-35-b0.html
ugg クラシックカーディ:http://www.uggjp.com/category-36-b0.html
2011/01/20(木) 14:35 | URL | ugg #8ryKt.Xc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://m5h0055.blog49.fc2.com/tb.php/955-c49b66ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。